FC2ブログ

  ぎんいろ風景

RC GEAR シルバーアクセサリーの製作記録

なんということでしょう!

いよいよ写真展放散虫まで2日です!
準備万端と言いたいところですが、まだバタバタしております!

ここにきて新作の放散虫↓の名前が違っていたことが判明しました!正しくは
Williriedellum sp. ウィリリーデルム
放散虫Williriedellum

なんてったってたくさんの種類が見つかっている地層なので、
初見でこれ、と思っても詳しく調べたら別の種類だったなんでことは時々あるものです。
正しいのが分かってよかった!

しかし、なんとかワンフェスに間に合わせた層序表が刷り直しになってしまったのはちと痛い。
でも写真展にはなんとか間に合わせなくては〜〜〜!
とまぁ、値札やなんかも訂正せねばならず、バタバタに拍車がかかっております。
間に合うのか…?!

オラにみんなの力を分けてくれ!


スポンサーサイト



  1. 2019/08/07(水) 00:12:46|
  2. 放散虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D放散虫をグリグリ動かしてみよう!

スチコカプサ (?) sp.


絵本「ほうさんちゅう ちいさなふしぎな生きもののかたち」に掲載されている放散虫の一つを3Dで作ってみました!
ぐるぐる回したり、中をのぞいてみたりできます。
試してみてくださいねー!
  1. 2019/07/23(火) 00:22:04|
  2. 放散虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絵本 ほうさんちゅう ちいさなふしぎな生きもののかたち

僕がちょっとお手伝いした本が本日発売になりました!

単細胞だけど骨がある❓しかもガラスでできた骨⁉️
5億年も昔に生まれて、進化と絶滅を繰り返して、現代の海にも生息する謎だらけのプランクトン放散虫。

ほうさんちゅう01

その不思議な骨格を電子顕微鏡で撮った、写真集のような絵本です。
どうしてこんな形になったんだろう?と考えるのも楽しいですよ‼️

中をチラリ。
ほうさんちゅう02

放散虫の形ってこんなにいろいろあるのか!と思うほどたくさんの放散虫が次々と現れます。
この本のためにインクを調合して作った特色の黒が美しい・・・
放散虫を際立たせるために特殊なニスものせられているそうです。

放散虫の本を世の中に出せるのは本当に嬉しいです。
出版してくれたアリス館さんには感謝しかない。
たくさんの人が関わって作り上げられた本なので、
放散虫を知ってる人も知らなかった人も、大人も子供も多くの人に届いてほしいです。

あ、僕の作った放散虫模型の写真も本のどこかに隠れていますので、探してみてください!
ほうさんちゅう04

ほうさんちゅう ちいさなふしぎな生きもののかたち
価格: ¥1,512
出版社: アリス館 (2019/7/13)
ISBN-10: 4752008955
ISBN-13: 978-4752008958
発売日: 2019/7/13
梱包サイズ: 24.2 x 21.8 x 1 cm


RC GEAR ホームページ

  1. 2019/07/13(土) 17:22:17|
  2. 放散虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
年賀層序表
  1. 2019/01/01(火) 14:14:27|
  2. 放散虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放散虫展とふれあいトーク2018

10/17(水)~23(火)新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」企画展示「放散虫展」が開催されました。
様々な放散虫のパネルやグッズとともに、銀製放散虫層状表セットを展示しました。

また、10/20(土)には新潟大学の松岡篤先生と私RC GEARの横山隼が放散虫について語る「ふれあいトーク」を開催しました。
放散虫展とふれあいトーク2018

展示パネル一枚一枚の説明を松岡先生が懇切丁寧にしてくれるなんともゴージャスな「トーク」です。
しかも「いつでも質問オッケーシステム」ってことで、途中気になったことがあったら聞けるという又とない機会です!
放散虫展とふれあいトーク2018

ツイッターではおなじみ@InterRadXVの中の人も交えて、
新聞でも話題になった「フトバリ」がどこでどんなふうに見つかったのか〜とか!
「フトバリ」の精密模型を見ながら、精密模型や銀細工をどうやって作るか〜の話をし、
放散虫展とふれあいトーク2018 放散虫展とふれあいトーク2018

パンタネリウムの穴の数や配列に関わる深い話や(松岡先生と私のテンションにに参加者さん少々置いて行かれ気味?!)
松岡先生が現生の放散虫を育成・研究していた時のお話など
めくるめく放散虫の世界へようこそ〜〜!なトークが続き、
放散虫展とふれあいトーク2018

そのまま「佐渡沖から直送」の、放散虫がいるかもしれない海水を顕微鏡で観察コーナーへ突入!
放散虫展とふれあいトーク2018

残念ながら放散虫を見ることは叶わなかったものの、
海老や貝類の幼生や渦鞭毛藻類などのプランクトンたちの観察ができました。
放散虫展とふれあいトーク2018


ゲストとして読んでいただいていましたが、今回一番楽しんでいたのは私自身かもしれません。
松岡先生、お疲れ様でした。
ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

  1. 2018/11/05(月) 17:28:15|
  2. 放散虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

RC GEAR

Author:RC GEAR
RC GEAR 銀職人ブログへようこそ!
古生物(恐竜、翼竜など)のスカルや、放散虫や爬虫類などの生物をモチーフにしたアイテムなどいろいろ作っています。精巧に、カッコ良く!がモットー。自称磨きフェチ。
ご注文は何なりと。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)
恐竜 (14)
ほ乳類 (2)
翼竜 (3)
ワンフェス (35)
古生物 (12)
オーダーメイド (6)
生物 (3)
イベント (49)
ワックス原型 (6)
放散虫 (21)
博物館 (5)
本 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新画像

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード